菊地道夫

菊地道夫

詩人・菊地道夫が持つ「シンガー・ソングライター」というもうひとつの顔

作家であり詩人。2010年に処女詩集「時空と生成」を上梓、そののち「隠れ躑躅の場所−ランドスケープの狭間で−」や「愛すべき風景−宇宙における自然の位置−」といった詩集を出版する。2015年、第6詩集「綴る恋」、2016年、第7詩集「寿」を出版。詩集「寿」は2016年度の現代日本文芸作家大賞を受賞する。2017年、詩篇「愛ふたたび」で、フランスより日仏文学貢献作家に認定される。

PROFILE

日本の作家、詩人。父は日本画家の菊地秀夫。22世紀アート所属。慶應義塾大学文学部〜放送大学大学院文化科学研究科〜東京大学大学院数理科学研究科といった学歴を持ち、作家・詩人として様々な賞をこれまでに受賞。現在、詩と思想会員、詩人会議会友。
Twitter
Facebook
YouTube
Michio企画Yahoo!店
菊地道夫の部屋から
菊地道夫 数学の会


菊地道夫「季節の音」

菊地道夫

季節の音

自身の作詞・作曲による全11曲を収録した、フォークソングアルバム。