古家裕子

古家裕子

カオル〜琴狐そして演歌歌手「古家裕子」へ

謎のシンガー「カオル」として2015年デビューを果たし、その後は作詞家「琴狐」として活動を続けながら、翌年その「琴狐」名義でも改めてデビューし、2017年ついに「古家裕子」として名刺代わりとなるシングル「靴音」をリリース。
日本作詩家協会の会員であり、作詩家としても精力的に活動している。

PROFILE

東京都出身の演歌歌手/作詞家。
2015年に「カオル」名義で歌手デビュー、「イブの約束」を発売。
2016年に作詞家「琴狐」の名義で再度シングル「鴨川」を発売。
2017年、シングル「靴音」では本名の「古家裕子」でついにそのベールを脱ぐ。


演歌歌手「古家裕子」のデビューシングル

古家裕子

靴音

カオル〜琴狐そして演歌歌手「古家裕子」としてのデビュー作。